園児の親代わりになる

保育士は、保育園や託児所が主な活躍の場となりますがこれらの施設で何をしていくのかというと園児の生活のお世話をしていきます。つまり、親代わりになるという事ですね。例えば、園児と会話しながら遊んだり昼食やおやつなどを食べます。また、睡眠タイムが来たら園児たちが睡眠しやすいような環境を作り、ゆっくり休めるようにフォローしていきます。このように、家で親がしているような事をしていくので子どもが好きな人にとっては天職と言えるでしょう。

ただ、小さい子どもと上手くコミュニケーションを取る方法を熟知しておく必要があります。また、体調が急に悪くなってしまう園児もいるので、その時にすぐに園児の状況を確認して適切な対処をしていくことも仕事の1つです。

園児たちに簡単な教育をしていく

保育士は、小さい子どもたちの生活の補佐をするだけでなくて簡単な教育をしていくことも大事な仕事です。例えば日常生活で良く使う日本語を教えたり、図工や音楽なども教えていくことが多いです。さらに、最近は国策社会になってきているので簡単な英語を教えていく保育園も少しずつ増えてきています。つまり、英語を多少学んでおくことが保育士にとって今後大事になってくるでしょう。教える教育の幅は、広いですがあくまで小さい子どもたちに教えていくので高い学力がなくても大丈夫です。

ただ、音楽だけは基礎から応用まで学んでおくことが大事です。保育士の歌の発音やリズムがずれていると、それが子どもたちに影響してくるので正しい音程とリズムの基礎を習得しておきます。

保育士の派遣を大阪で探している人は、失敗しないために是非求人サイトを1サイトだけではなく2~3サイトに登録しておくことです。