薬剤師とはどんな職業?

世の中には様々な職業がありますが、その中でも安定した職業として人気となっているのが薬剤師です。しかし、薬剤師というのは具体的にどのような職業であるかというのは知らない人もいるでしょう。名前から薬に関わる職業だというのは誰でもわかることですが、どのような仕事内容であるかというのは知らない人も少なくありません。薬剤師は主に病院や調剤薬局、ドラッグストアなどで働いています。主な仕事は医師に処方された薬を調剤し、その服用について患者に説明と指導を行うことです。病院で働く場合にはその他にも薬物治療に関わったりすることもあります。薬剤師は働き場所も多く需要が高い職業であるために安定した職業として人気となっているのです。

薬剤師になるためには

将来のことを考えて安定した職業に就きたいと考えた場合に選択肢に挙がるのが薬剤師です。そんな薬剤師になるためには薬剤師国家試験を受けて合格する必要があります。これは名前の通り国家試験であるため、薬剤師が安定した職業である理由の一つでもあります。薬剤師国家試験は誰でも受けることが出来るというわけではなく、受験資格を得るためには薬剤師養成課程のある大学で6年間勉強する必要があります。6年間勉強すれば自動的に資格を取得出来るというわけではなく、あくまでも受験資格を得られるようになるだけなので真面目に勉強をしなければなりません。薬剤師国家試験の合格率は平均して60~80%ほどになっています。

薬剤師のシニア求人は現在では増加している傾向にあります。その背景には薬剤師が不足している理由があります。

薬剤師のシニアの紹介ならこちら