検品や梱包などの軽作業

工場でのバイトでよくありがちな仕事内容としては、検品や梱包などの軽作業です。工場で作った製品は限りなく正確な物ではありますが、稀に不良品が発生してしまいます。全てを機械で済ましていると、不良品を見逃して取引先に迷惑をかけるので人の目が必要です。大きな会社であれば梱包も機械で行えるほどの設備を整えていますが、中小企業などはあまり設備投資できません。この場合は人の手で一つ一つ梱包する必要があります。特に顧客を多く抱えている場合はそれだけ梱包作業が増えることになるので、それなりの人員が必要です。もっと言えば梱包作業も検品を兼ねていて、最終チェックの意味合いがあります。検品や梱包はバイトでも任されるポジションですが、重要度は高いです。

機械の設定はほとんど任されない

工場のバイトをイメージした時に、機械の設定なども担当するのかと不安になる方も多いですがほとんど任されることはありません。なぜなら機械の設定はその日一日の生産効率を決定付ける作業なので、正社員が担当せざるを得ません。もし機械の設定が悪ければ度々ラインがストップしたり不良品が続出するなどします。もちろん検品者は不良品の増加などを上に報告する義務があり、その都度社員が機械の設定を見直すという具合です。

リフト作業や運送もある

小さな会社では一人の人間が多くの仕事をこなす必要があるので、何役も担当する可能性は高いです。その中で免許を有している場合はリフト作業や軽い運送業務もあります。大変ではありますが、社会人としてのスキルアップを見込めるのは事実です。

東京の工場の求人は、募集の数や種類が多いのが特徴です。各エリアに、希望する内容の求人が見つかるでしょう。

群馬の工場の求人を検索